ニキビと運動の関係

ストレスによってニキビが出来てしまうのはよく知られていることですが、実は運動によってもにきびはできてしまうということをご存知の方は少ないかと思います。

逆に運動をしたほうが代謝があがってにきびがなくなるのでは??と思っているかたも多いでしょう。今回は運動とにきびの関係についてかいておくことにしましょう。

 

もちろん適度な運動というのはその後のケアを怠らなかった場合はにきびができにくい肌になります。汗をかくということは毛穴が開いて身体の中の汚れ、たまった皮脂などが外に出るわけですから。またストレス解消にもなり、にきびの一因であるストレスがなくなるということはにきび予防、ケアに良いのではないかと思われます。

 

このように適度に気持ちのよい汗をかきストレス解消という意味では、確かにニキビ予防になると思います。ただ気をつけないといけないのは屋外での運動の場合です。ちゃんと紫外線のケアをせずに夢中になって運動をしてしまった場合、うっかり紫外線を浴びてしまうとそれがのちのちにきびになってしまうことが・・・そして、今あるにきびが跡になってしまうという危険性もあります。

 

屋外での運動の時は忘れずに紫外線ケアをしましょう!

 

 

そして汗をかいた後、さっとタオルで拭くだけしか出来なかった場合。肌の上にいつまでも皮脂や汚れが残っていてそれが原因でにきびができることも・・・・。せっかくかいた汗もあまり時間をおくことなく流せると良いですね。

 

もう一つ、あまり知られていないのが運動しすぎの問題です。特にダイエットを目的にしている人によくあるのですが、もっと運動すると肌に良いのではないか?やせるのではないか?と美を追求するあまりに頑張りすぎてしまうと、身体の中の活性酸素を増やしてしまって老けの原因になるのです。

 

活性酸素は肌を傷つけてしまうので要注意です。また、それを打ち消そうとしてビタミンCが使われて不足気味になります。ビタミン不足は当然・・・・にきびの原因になりますね。また、激しい運動をしてしまうと、ストレスの解消どころかストレスをためてしまうというデーターがあります。

 

運動は軽く、適度にするのがベストですので覚えておきましょうね。

 

 

 

>>きらりのおめぐ実口コミの体験 TOP